令和3年の新規募集は4月以降に行います。体験予約も4月以降の日程でお申し込みください。

音楽とは…

♦「音楽とは、美しい何かを人と分かち合うことです。」ピアニスト内田光子さんの言葉より

この言葉は演奏に限ったことではないかもしれませんが、私の心に響きました。

音の間違いなどはプロのピアニストでもあります。ですが、音の間違いの有無だけで良い演奏かどうかが決まるのでしょうか。たまに生徒さんも親御さんもこの点だけで判断する方がいらっしゃいます。これからコンクールの時期になりますが、決してノーミスの演奏が高く評価されるわけではありません。

大切なのは「音」です。特にホールで美しく響く音です。その美しく響く音が出せるかは演奏者の力にもよりますが(その点が一番大切ですよね)、聴く人も美しい音だと感じる耳と心を持ちあわせてなければ「美しい何かを分かち合うこと」は出来ません。初めて聴く音楽であっても良い音には感動する何かがあります。生演奏ならではの緊張感のある空気の中、そこに響く音の何かしらの感動は、残念ながら調整されたCDや電子楽器では味わえないものです。生演奏を聴く機会を増やして感動出来る耳や心を育てるしかないのです。

また音に限らずステージから美しい何かを感じるかもしれませんし、どこに感動するかはその時によって違うかもしれません。そこが生演奏の面白いところだと思います。
ぜひステージへ足を運んで感じてみてくださいね!